スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽団ひとり再び

2015.05.25.Mon.16:59
15楽団ひとり

4年ぶりになります。楽団ひとりのライブ。

今回は、彼の地元、奈良まで足を運んでまいりました。

アメリカ製の特注フットドラム(とでもいうべきもの)30万円で頑張ってました。

フットドラム

これは中々凄いものです。ペダル四つに更に、左右のかかとで踏むバーのようなものもついてます。
かかとがスネアだそうです。左右で連打も可能です。それから、設定によっては、ハイハットオープンクローズの使い分けとかも出来るそうです。これマスターしたら強力やね。


演奏がうまくいかないと下ネタに活路を見いだそうとする心意気や良し。

7月になんか一緒にやる事を決めました。みなさん楽しみにしていてね。


その他いくつかの出演者のなかで面白かったのは、中近東のカヌーンという弦楽器を操るシンヤくん。

カヌーンしんや

3度と7度の音が1/4だけ低くなっている音階なども披露して頂きました。
ややブルーノートに近いけれど、もっと居心地悪いです。

でも、居心地悪いのは、単に自分が平均律音階に慣れすぎてしまっているから。

「音楽をやるには、まず正しいチューニングから」

なんていう当たり前のように思っていた事すらも揺さぶられる体験でした。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。