M15どこまでも行こう

2014.12.31.Wed.13:00
M12「小さな宇宙で」に続き、M15「どこまでも行こう」も出来ました。

M12は前半はしっとりと歌い、後半はテンポアップしてダンスで盛り上げるという構成です。
後半苦労しましたね。ああでもないこうでもないと、リズムから何からああだこうだやり直して、結局、9/8拍子に落ち着きました。ま一種の三拍子ですけど。
で、ケルトの原点に立ち返り、AABBAAで「どん!」となんの工夫も無く、いや、小細工もなくまっすぐに終わります。
普段とは真逆の曲作りですが、これが案外爽快ですね。



そして、M15「どこまでも行こう」

きましたー。

今回六曲目ですが、今のところベストチューンです。
楽しくかわいい曲なんですが、作りながら、サビに入るところでいつも泣いてしまいます。
こちらもあまり小細工をせずに、

すっきりとシンプルな前奏
A
シンプルなパーカッションだけの中トロ
B
A'
(サビです)
もいっちょおんなじ中トロ
A
B
A'
A'

シンプルな後奏、

というとってもすっきりした構成です。しかも歌部分は全部8小節、中トロは4小節とむっちゃ区切り良し。
サビ繰り返すところで転調くらいはしても良いのかも知れません。稽古見ながら決めよっと。

これで、粘菌キノコ蛍たちの曲が6曲出来た事になります。
ケルト風なアプローチをすると決めたので、過去三年に作った曲に似てくる事もあまりなく、比較的新しい世界を作り出す事にはこれまでの所成功しているのですが・・・・

この物語には人間達も登場します。
土地の持ち主のアホ高校生とそいつをそそのかしてマンションを建てさせようとする不動産屋とか、貧乏な筍泥棒一家とか、小学校の演劇部と先生とOBとか、いろいろです。
まずはお芝居全体の世界観をつくらなければと思い、人間達の曲を後回しにしてきたのですが、その辺はなんとかメドついたし、人間達も練習が必要ですので、次は人間達の曲を作る事にしました。

すると、なんか似てるんですなあ、過去三年のどれかの曲に。つまりは今までの自分の曲作りに戻ってしまったという事です。
いきなり壁にぶちあたった感じですが、なんとか乗り越えて行きましょう。

大晦日?なにそれ?
正月?うん。昨日スーパーでイクラ買ったし。それでお正月って事で。清見原神社も行くで多分。
コメント

管理者のみに表示