台本全部届きました

2014.12.12.Fri.00:50
けれど顔合わせは三日後。
ほんまやったら顔合わせのひと月くらい前には本をもらって、色々ああだこうだ試行錯誤した上で、稽古開始までに最低数曲は仕上げつつその後の展開もある程度見えている、という形にしたいものですが、現実は甘くありません。
そんな風にはいきません。

それでも楽しくやることを心がけたいと思います。


今回の主役は竹藪に住む粘菌達。彼らの世界はケルティック風に、これ決定。迷っている時間はありません。


粘菌達の世界に生まれた「ミスト」。ミストにみんなが自己紹介する曲が出来ました。ふう。ようやく第一歩です。
一晩寝かせてから、サビだけ全部書き換え。
メロディって大事だな。当たり前か。
それで自分なりにどうにか合格点が出たので、演出の方に送ってみました。本が遅いせいでもないと思いますが、割と自由にやらせてもらってます。歌詞もけっこう勝手にいじります。

あと二十数曲。目眩がします。

でもこの三年クリアしてきたんだよな。それもそれほど低いクオリティではなく。

それらを越えるものにしたいです。
ぼんやーりと、ぼんやーりと出口が見えた気はしています。

ケルトだぜ。アイリッシュだぜ。
弦楽器と笛とアコーディオンだな。あとちょっとプリミティブなパーカッション。

これから丁度三か月、苦しみつつも楽しみたいと思います。
コメント

管理者のみに表示