吹田メイシアターファミリーミュージカル始動

2014.11.26.Wed.18:05
一昨日でしたか、脚本の大谷さんから、4ページほどの構成が送られてきました。
一応、おおまかなキャスティングとおおざっぱな筋がそこには書かれています。

さて、「おもてなし」終わってから電源を切っていた仕事用Macの電源を入れます。
約三週間ぶりです。

まずは、「神秘な竹林」だそうです。

おそらく、昼なお暗いようなうっそうとした竹林です。ちょっとアフリカンなパーカッションも必要かもしれません。
一転、中盤から別の表情を見せる竹林はどうしましょう。
そこでは、活気溢れる生命の営みがいつ終わるともなく繰り返されています。こちらはケルティックなイメージ?
いや、それでは限定し過ぎかもしれない。

ひとまずは、そんなああだこうだを一人頭の中で転がしています。

僕が参加させてもらって四回目。
一回目が
「おひさまと、りんごの種と」
無我夢中でしたね。この中の「なんでやねん!」という曲は、今でも一番好きかもしれません。

二回目が
「銀の鹿」
苦しみましたが、タイトルチューンの「銀の鹿」とか、「もう一度」とかは好きやなあ。

三回目、
「遊び舞う桜のように」
何やかんや言って、今ふりかえってみると、音楽的にはこれが一番完成度高いかな。



これで一区切りだそうなので、四年の集大成みたいなものにしたいと思っています。今回は、もっと、同じメロディをいろんな形でつかってみたいと考えています。
今年は、いまのところ間に別のお芝居が入ってないので、来年の3月までみっちりと取り組む事ができます。

1月くらいに、ちょっとライブみたいなのあるかもしれませんが、お芝居の音楽ほどは時間かかりません。


コメント

管理者のみに表示