スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂の兵庫県議についてちょっとだけ

2014.07.03.Thu.20:09
彼、議員になった直後に、ツイッターでマジで嫁さん募集してたみたいですね。
あらゆる面で未熟としかいいようのないガキなわけでして、こんな事は言い尽くされているとは思うのですが、少しだけ。

このニュースを観て、思い出した人物がいます。
その人について、丁度五年前の今日ブログに書いてました。

多分、自民党の代議士の息子だと思うのですが、その市長選には敢えて無所属で出馬していました。維新の会の風を当て込んでいたのは見え見えでした。

なんせ、どうしようもなく社会性のない男だったのですが、多分、選挙演説などでは、そう言う事はほとんど見えてこないんだろうなあ、と当選を危惧していた次第です。
彼は無事落選したのですが、やっぱり似たような事は起きるわけです。

野々村某の選挙演説を聴いただけでは、彼がこんなガキである事はほとんど解らないわけですよね。

そもそも、日本で政治家を志す人の大多数は、野々村のようであったり、さきの代議士の息子のようであったりするのでしょう。
今日クローズアップ現代で菅さんの喋るの聞いて更に思いました。

政治家ってのは、聞かれたことに絶対にまっすぐに答えない人達だなあ、と。

野々村もそうでしたよね。全然関係無い事を泣きわめいていました。

そういうある種の厚顔さがないと政治家になんてなれないんでしょうね。そして、そんな連中しか政治家になろうとは思わない。


もう、絶望的です。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。