Joに呼び出されて再び布施飲み

2013.10.31.Thu.14:11
既に2ヶ月以上日本に滞在しているJo石田氏(写真左)

じょんhaloween


ですが、基本する事あまりありません。特に、夜は、居候先のじょん夫妻はお仕事ですので、ほったらかしです。

そんなわけでお声がかかります。嬉しい事ですね。


で、またもや「華麗酒場ミニィ」で飲んでおりますと、店の外から女性の悲鳴が。強く、長く、何回も繰り返しますと、さすがに何ごとや、と思います。
外に出てみると、男の人が倒れている人をおもくそ蹴ってます。マジです。横で止めるでもなく女の人が悲鳴を上げ続けています。

我々を制しつつ、「警察呼ぶよー」と叫ぶミニィさん。やめてください。逆恨みされるから。


やがて警察が10人ほどやってきて、事態は沈静化するのですが、蹴られた人、頭グルグル包帯巻いて、服血だらけでした。



ミニィさんに聞くと、よくある事だそうです。

その居酒屋に集まる人達の多くは、生活保護で暮らしているそうです。でちょっと自意識過剰の女性が、酔っ払った男の嫉妬心に火をつけるらしいです。
二年ほど前には、それで人ひとり死んでるそうです。


こわー。



Joまじでびびってました。

でも、おたくの国よりははるかに安全だからね、と言っておきました。
コメント

管理者のみに表示