IT弱者にならないために

2013.06.04.Tue.22:18
普段こうして何気なくインターネットに接続しているわたくしですが、インターネットの仕組みを理解しているかと問われれば、即座にノーです。
Macで音楽を作っていますし、コンピュータは生活に欠かせない物であることは確かなのですが、さて自分はそれらを使いこなせているのでしょうか。
もちろん、テレビを作る事が出来なくテレビを楽しむ事は可能だし、音楽ソフト作れなくたって、それを利用して音楽を作る事は可能なんだから、それで良いと言えば良いのでしょう。

でもやっぱりインターネットの仕組みくらい知って置いたほうがいいよなあ。


もう少しハードルを下げてみても、エクセルだってワードだって、使いこなせているとは言えません。

もう少し下げて、ブログとかネットショッピングとかヤフオクとか、その辺りなら、まあ一応不自由のない程度に出来ています。



・・・本当にそう言い切る事ができるのか。
増え続けるIDとパスワードの管理はちゃんと出来ているのか。

とこのあたりが今回のテーマです。タイトルはちょっと大きく出すぎました。


twitterのアカウント乗っ取りなんかも問題になってきてますし、自分の身は自分で守る、ってことだけでなく、知り合いにご迷惑をおかけする可能性を少しでも減らさなければなりません。
ざっと数えても、ネット上のなんらかのIDやパスワードなど、数十はあります。定期的に変えろと執拗に言われますが、なかなか対応仕切れていないのが現状です。
AOLとかhotmailとかexciteとか、アカウント取っただけで放ってあるものも沢山あります。

つい先日も、とあるネット銀行の全ての情報を無くしてしまい、再発行に315円払ったりしています。ついに実害が出てしまいました。
こんな事のないように、しっかりと管理するにはどうしたらよいのか。これがまずはネット弱者脱却の第一歩ではないか、と愚考致す次第です。
あまりわかりやすくMac上に残してしまうと、それはそれですぐに盗まれてしまうので危険です。

そんなわけで、自分だけにわかって、すぐに検索できるシステム作りに乗り出しました。それが出来たとき、自分のITレベルは一つ上がった事になるのでしょう。
コメント

管理者のみに表示