映画自体の感想はないんかい!

2013.05.17.Fri.02:21
はい。

ええと、政治は根回しやなあ、と。
大切なのは何を達成するのか、という事なのでしょう。映画で美化されている部分もあるのかもしれませんが、彼は我欲の為に何かを達成しようとしたわけではありません。
その辺が我が国とは違いますな。日本でも、吉田茂とか池田勇人あたりまでは、「この国をなんとかしないと」と思っていたように思いますが、最近は本当にお話になりません。


話をリンカーンに戻します。
彼は大統領であると同時に、夫であり父であったのだ。というお話でもありました。家族を大切にする事は、多分アメリカでは最優先される価値観です。「エアフォースワン」とか観るとそれがよくわかります。大統領の職務と家族の間で苦悩する姿も、きっと大いなる共感を持って迎えられるのでしょう。
誇れる政治家を持てる国というのはうらやましい限りです。

リンカーンの尽力による奴隷制廃止から150年の時が流れ、ついには黒人大統領誕生です。隔世の感があります。黒人参政権認められてから50年も経っていないんですな。
「I have a dream」から50年。
リンカーンにしろキング牧師にしろ、人の心を動かす演説の名手というのはいるのだなあ、と思います。現大統領もその系譜でしょう。


そしてスピルバーグの次回作は、既にご存じのお方も多いでしょうが、その彼の話だそうです。


アメリカの懐の深さを感じますね。


そして今日は三田屋さんで演奏です。少しアコーディオンいじってからねます。
コメント

管理者のみに表示