インプットもしなきゃね

2013.04.20.Sat.16:01
この数ヶ月、アウトプットばかりの生活を送ってきました。
締め切りに追われ、作れども作れども終わらない。もう中身はすっからかんなのに、それでも絞り出さなければならない、そんな生活でした。
今年に入って、観た映画はわずかに3本。お芝居に至ってはたったの1本です。

せっかく少し暇になったのだから、しようではありませんか、インプット。


というわけで出かけたのが、「国宝みうらじゅん いやげ物展」です。



「ゆるキャラ」という言葉を作り出したみうらじゅん氏が、「ゆるキャラ」と共に昔から着目していたのが「いやげ物」です。

「ゆるキャラ」がみうら氏の手を離れ、単なる町興しの「道具」になり果ててしまった今も、「いやげ物」のスピリットは健在のようです。


この仏像もいやげ物なんやろなあ、それだけで色々想像してしまうよなあ、と思って行ったのですが、これはいやげ物ではありませんでした。



細かくジャンル分けされてネーミングされた2000点。何故か「Wish you were here」がエンドレスで流れる展示場は人で一杯。平日来れば良かったな。

その内容は多岐にわたっていて、一口では言えません。
「ゆるキャラ」が次第に市民権を得て、それに反比例するように魅力が無くなって行った所から考えると、これらのおもしろさってのは、「なんでこんな物がこの世に出たんだ」という事を色々と想像してみる楽しさにあるんだろうな、という事がわかります。
それが比較的容易に想像できるものから、全く想像できないものまで色々あります。

横のおねえさんは、「じわじわくるね、これ」とかおっしゃってましたが、最近はやってるんですよね、この言い回し。
そんな流行り言葉一つに押し込められる何かがあるとして、そんな場所からはみ出た所にこれらの物があるのは確実であるように思いました。

それぞれの人にそれぞれのツボはあるんだと思いますが、僕が思わず声を立てて笑ってしまったのは、○○○○の展示でした。さあどれかな?


はあインプットした。

このあとは、整体そしてショッピングだ。
コメント

管理者のみに表示