極寒の富田林

2013.01.12.Sat.02:26
夏は暑く、冬は寒い三田屋さん。
駅からの道々も、春には桜、田んぼの蛙、夏はぎらぎらの太陽、蜘蛛、秋は柿に栗に銀杏、冬は枯れ木に澄んだ空気などなど、大阪に住んでいる時とは比べものにならないほど、良い意味でも悪い意味でも四季を感じさせて頂いております。

今日の演奏も、そんな極寒の中で行われました。(注、もちろん室内です)特にヒザから下がすーすーします。というより、ヒザから下が水に浸かっているかのようです。
1ステ目で危機を感じた自分は、苦肉の策に出ます。



名付けて「タキシードの下にジーパン作戦」。
これをやった最初のステージでは写真の様に、右足だけジーパンが見えてしまって、左足で隠しながら演奏しましたが、次からは、ちゃんと中のジーパンを折り込んだので、問題なし。寒さも大分違います。

無事風邪をぶり返すことなく、演奏を終えました。
コメント

管理者のみに表示