京都へ

2012.06.24.Sun.17:47
先日は、古い友人夫婦の住む京都岩倉へ。



せっかく京都に行ったのだから、と、こんなお店、


とか、京都時代にお世話になった定食屋さん、「ひらがな館」、同じくジャズバー「Zac Baran」、同じく中華料理屋「友楽菜館」などにも行ってまいりました。

「ひらがな館」
ここは、僕が大学に入って、「そとばこまち」という劇団に入った時に先輩達に連れて行ってもらってから、みんなで、時には一人で通ったお店です。昼もひらがな、夜もひらがな、なんて事も珍しくないくらい、1-2回生の頃はよく通ったものです。
場所を一乗寺から北部北門前に移し、30年の時を経て、マスターの髪の毛はボウボウからスキンヘッドへと見事な変貌を遂げていましたが、マスターは僕の事を覚えていてくれました。感激です。
メニューも昔とはだいぶ変わっていました。味付けも、ややあっさり目になったような気がします。

「Zac Baran」
熊野神社にあるこのお店は、25歳を過ぎてから行き始めたお店です。朝方までやっているので、行くのは大抵深夜過ぎ。ビール飲んだり、ドライカレー食ったりしながら、大勢でわいわい過ごしたお店です。
昔よりも頻繁にライブがあるようで、ピアノ、ドラム、エレキベースは常にスタンバっている模様。
フードメニューが様変わりしておりましたが、店の雰囲気は25年前のまま。

「友楽菜館」
こちらは、元田中駅のすぐ南にある、昔ながらの中華料理屋さん。いっとき、すぐ近くに住んでいたので、その頃よく通ってました。
豚の天ぷら定食などもボリュームがあって美味しいのですが、僕は、ここでは大抵焼きそばを頼んでいました。ここで、あんかけ焼きそばの美味しさを知りました。
お味は当時のまま。お店のおかあさんも、僕の事を覚えていてくれました。
コメント

管理者のみに表示