6.12 W杯アジア最終予選 オーストラリアvs日本

2012.06.13.Wed.14:06
昨日は、三田屋さんで演奏の日。そして、ワールドカップ最終予選の最初の大きな山、アウェーのオーストラリア戦の日でもありました。

もちろん、予約録画は忘れていません。
演奏後は、なるべく情報を遮断して帰って、そして、シャンパーニュ片手に観戦、という完璧な青写真です。


さて、午後7時、まさにキックオフの時間にご予約三名様ご来店。背広にネクタイのサラリーマン風の男性三人です。生ビールで乾杯した彼らは、ほどなく5インチくらいの薄型液晶テレビを湯呑みに立てかけ、いっときテレビに注目しています。

(ま、まさか、サッカーちゃうやろな。つーか、サッカーやんな。野球かなんかであってくれと願ってみても、今夜はやっぱりサッカーやろ。)

ステージからは画面は見えません。彼らも、焼酎、赤ワインとどんどん杯を重ねて行くにつれ、テレビもあんまり観なくなってきます。お話に花が咲くのは、悪い事ではありません。

(このまま何ごともなく、時間が過ぎてくれれば、彼らが何を観ていたかも知らぬまま、何の前情報も無いまま、家でのシャンパーニュ片手の観戦にのぞめる。)

と思った矢先、時刻は8時20分頃、男の中の一人が、『あ、今ゴールしたんちゃう?』


(やっぱりサッカーや。喜んどる。日本が点取ったんやな。65分のあたりやな。)


と心の中で思いながら、演奏する怨霊が、いや音量が自然に大きくなります。
とにかく、情報を遮断するのだ。ミスタッチ増えまくります。あとで相方に聞くと、テンポもどんどん速くなっていってたそうです。

酔っ払った彼らは、一気に盛り上がり、テレビの怨霊、いや、音量をあげます。

(ああーアナウンサーの声まで耳に入ってしまうではないかー。)

もう、演奏どころではありません。顔はひきつり、異常な大音量。多分今までで最悪の演奏です。他のお客様方、本当に申し訳ありませんでした。
コメント

管理者のみに表示