fc2ブログ

ありがとうございました



吹田メイシアターファミリーミュージカル「おひさまと、りんごの種と」、終了してしまいました。大成功の裡に終了したと言ってよいかと思います。

自分の作った曲を65人の人間が歌って踊る。そしてそれを数百のお客様が喜んで下さる。こんな幸せな事が他にあるでしょうか。どんなに美味い物を食べる事よりも、どんなに美味いワインを飲む事よりも、ずーっと素晴らしい体験です。大げさですが、このことだけで、自分が生きている意味がある、そう思えるほどです。
誰にでも出来る事ではありません。いろんな劣等感がすーっと小さくなっていくのを感じます。




打ち上げの様子です。このあと、まずは、年寄り連中と飲みに行き、そこを中座して、若い連中の打ち上げに乱入して、年甲斐もなく、始発まで居酒屋でした。
観に来て下さった皆様だけでなく、関わった一人一人に大きな物を残した公演だったな、と思います。もちろん自分にも。


6年前に、生まれて初めてロンドンに行ってミュージカルを観て、胸ぐらを捕まれて揺さぶられる程の感動を受け、ミュージカルにはまってしまいました。それ以来、ずーっと、ミュージカルやりたいなあ、と漠然と思っていた所に、今回のお話を頂きました。
18歳の頃から、劇団に入ってお芝居したりお芝居の音楽を作ったりしていた事、20年近く、テレビの子供番組の音楽をやっていた事、もっと遡れば、子供の頃よく聞いていたクラシック音楽とか、習っていたピアノ、バンドでキーボードを弾いた事、ベースギターを弾いた事、エレキギターを弾いた事、ドラム叩いてた事、アコーディオンを演奏している事。

そんな今までの人生の色んな事が、今回の機会にぎゅっと凝結して一つの形となった、そんな気がしています。
あまり苦しむこともなく、するすると音楽が出てきたのは、そういう事なんだろうと思います。


ある意味、僕の50年の集大成と言えます。

そんな機会を与えて下さった、メイシアターの古矢さん、そして、好き勝手に音楽を作らせてくれた、演出の木村さん大谷さん、特に、脚本も担当した大谷さんは、僕が勝手に歌詞をいじくっても文句一つ言わずに採用してくれました。
まずはその三人に感謝です。

そして、ギリギリまで調をいじくったり音符をいじくったりしてしまったのに、(少なくとも表面的には)嫌な顔一つせずに、変更に付き合ってくださった出演者の皆さんにも感謝です。僕の見ていない所で、大変な努力をしていたんだな、という事はすぐにわかります。
そしてもちろん、陰で舞台を支えてくれたスタッフの皆様にも感謝です。

それも、一人一人がそれぞれの立場で、「少しでも良い舞台にしたい」という思いを共有していた、その思いで一つになっていたからこそだと思います。
こんなステキな現場はそうあるものではありません。


そして、古矢さんからは、早速来年のオファーが。もちろん喜んでお受けしたのですが、ある意味来年は自分にとって正念場かと思います。今年と同じ事をするわけには行きません。引出の広さ深さが問われる事となるでしょう。今年よりも、ずっと苦しい物になる予感はします。けれども、それを乗り越えて行かないと先はありません。


今日は一日ゆっくりしますが、明日は三田屋さんで演奏。昨日は全くアコーディオンに触れていませんので、今日は少し真面目に練習しなければなりません。
そのあと、延び延びになっていた確定申告。それが終わったら、スクエアのCDづくり。
まだまだ忙しい日は続きます。

最後に、美しい出演者とのツーショットをどうぞ。

コメント

非公開コメント

本当に楽しかったですね

カエルのシーンは、皆さん、個性的な方たちで、楽しいシーンになりましたね。
初め、歌詞を頂いて、「なんでやねん!」のメロディ思いついた時は、
「これや!!」と狂喜しましたよ、ホント。
他の曲も好きな曲ばかりですが、やっぱり、「なんでやねん!」と「祈り」が一番好きかな。

ありがとうございました

なんでやねん♪のグローリアです(笑)
今回は大変お世話になりましたm(__)m

ホントに素敵な歌に囲まれて幸せな時間でした
この作品のどれもこれもが私がおばあちゃんになっても口ずさんでしまう、かけがえのない歌ばかりになりました その中でも、「なんでやねん」が好きな曲とおっしゃってた時にはホントに嬉しくて涙が出そうになりカエル冥利に尽きる・・(?)カエルで良かったと報われた瞬間でした!! 
しんさんのお話、もっと聞かせていただきたかったです! まずはお礼まで・・本当に本当にお世話になりましたm(__)mありがとうございましたm(__)m

Take Home Tune

劇場で聞いた歌を家に帰りながら口ずさんで頂く事、これが音楽を作った者の大きな願いです。

これからは、何か理不尽に感じたときは、迷わず「♪なんでやねん」と歌って下さると、更に嬉しいです。

今回は足をお運び頂いてありがとうございました。
来年もやります。是非また観に来てください。

お疲れ様でした

日曜日に 見せて頂きました。

子供たちのイキイキした演技に驚きました。
言葉も、歌も はっきり観客まで届きました。

お父さんの亡くなるシーンでは 観客席の子供が
大泣きしていました。
観客の皆さんも涙していましたよ。

命の尊さ!自然を守る事の大切さ!
環境汚染の警告!
伝えていかなければならないメッセージ!
素晴らしい作品だったと思います。

とても楽しませて戴き 有り難うございました。
ナマshinさんは ハンサムなかたでした♪

♪なんでやねん、♪なんでやねん、が
頭から離れませ~~ん ^^: コマッタ コマッタ


買ってね
2012までのストレッチマン音楽集です。未発表曲もあるでよ。
The Backstreet Shinings
スクエアの劇団内バンド「ザ・バックストリートシャイニングス」のデビューCDです。

満月倶楽部
ハープとアコーディオンのデュオ、「満月倶楽部」もよろしく。レパートリーは60曲に達しました。
満月120
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤心

Author:佐藤心
「ストレッチマン」などの音楽を作っている、佐藤心のブログです。
舞台の音楽もやってます。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンターです