恐怖の吸い玉

2011.09.27.Tue.00:19
昨日、痛いけど治る、という整体院に行って参りました。

ただほぐすだけではありません。何か道具を体に押し当てています。肉をぎゅっと挟まれる様な感じがしたのですが、見ると、コップを逆さにあてて、中の空気を抜くような機械です。その名も、「吸い玉」。

筋肉の奥の方にある、毛細血管がつぶれてしまって行き場の無くなった血を、こうして吸い出してやるんだそうです。数十回の吸い玉の結果、右肩は遠山の金さん状態です。



おうおうおうおう、この吸い玉吹雪が目にはいらねえのかあっっっ!

って感じになっております。左肩に見えますが、鏡に映しておりますもので。


大騒ぎして大暴れして帰って参りました。はあ疲れた。
コメント
ありがとうございます
特に、現在の整体院を信奉しているわけではありません。それに、別に感心でもありません。一旦始めたからには、と思っているだけです。ありがとうございます。
アドバイスありがとうございます
これしばらく通って直らなかったらトライしてみます。
吃驚しました
僕は整骨院とかへは行ったことはないのですが、整形外科でレントゲンを撮って貰うのが良いと思います。石灰沈着性の腱板炎とか肩関節周囲炎とか呼ばれるものでしたら一発でわかります。背中に吸飲跡を付けたままでも早いほうが良いのではないでしょうか。症状に応じた対策が打てますので是非お出かけ下さい。お大事に。

管理者のみに表示