fc2ブログ

始まってしまいました

うかうかしているうちに、開幕してしまいました。
開幕戦、メキシコが2-0で勝つと思っていたのですが、1-1ですか。
今回、どれだけ南アフリカ寄りの笛が吹かれるのか、というのも関心のひとつではあったのですが、最初のイエローカードが、ちょっと厳しすぎるかな、と思った程度で、韓日の時のような露骨な笛はありませんでした。ひとまず安心です。
結果に関しては、地の利というのもあるんでしょうね。そうそう簡単にはいきません。


で、続きです。
1996年のアトランタオリンピックでは、皆様ご存じの通り、西野監督率いる若きイレブンは、ブラジルを倒すという大金星を手にするも、一次リーグ突破はなりませんでした。
僕にとって最初のヒーローが川口くんと前園です。

そしてジョホールバルの歓喜があり、フランスワールドカップを迎えます。
初めてのワールドカップは三連敗で終えますが、その後トルシエが就任してからも、日本が少しずつ上に行っている実感がありました。思えば、何もわからないこの頃が一番楽しかったと思います。日本が少しずつ強くなって、少しずつ上の相手とも戦えるようになっていく流れは、スポ根マンガさながらでした。
前回アメフトの事を少し書きましたが、母校のアメフト部にも同じ事が言えたと思います。はじめは弱かったのに、水野監督の指導の下、次々と強豪を倒していくのに魅力を感じたのです。

2002韓日ワールドカップで燃え尽きます。決勝トーナメントで日本がトルコに負けた翌朝、本当に世界がモノクロに見えました。

さてジーコで再出発、と思ったのですが、段々いろんな事が見えてきます。2004のアジアカップを例外として、素直に応援出来なくなってきてしまいました。
「やっぱりね。ひとのやることに夢中になるもんじゃないね。自分のやることなら、全部自分の責任だし、そっちの方がスッキリしていてずっといい。」
そう思った時から、急激にサッカー熱が冷めていきました。
とはいえ、一旦かわいいと思った子達です。たまーにJリーグの試合やその他のサッカーの試合をテレビで観戦する事もありました。


そして今回のワールドカップ。
ギリギリになって、今まで試したことのない選手起用をあれこれと繰り返す監督には不安を感じますし、
「あ、オシムって言っちゃったね」
という汚いやり方で責任問題をうやむやにする奴には憎悪すら感じますが、選手達はみんな尊敬しています。なんせ自分には到底出来ない事をしているのですから。嫌いな選手というのは一人もいません。
マスコミが垂れ流す報道や、自分の思い込みだけで選手を嫌いになることは、自分には出来ません。
「この人が和を壊した」とか、「誰それは誰それより賢い」みたいに思う為の、確たる情報源を自分は持ち合わせていません。
You Tubeで観た、中田と本田の対談は興味深かったです。この対談だけからすると、僕は本田より中田の方が賢い様な印象を受けましたが、印象に過ぎません。全く不確かな話です。そんな事より、出来るなら自分もそっち側に行きたい、と思いました。軟弱物の自分には無理なんですけれど。

あ、そうか。

今の自分の最大の問題は、文化度の低さとかマニア体質でない事とかではなく、ハングリー精神の欠如なんだという事に気づいてしまいました。

おそっ。

でも痛っ。

ほんまに文章書いているとそれだけで色んな事に気づきますなあ。ただサッカーの事書こうとしていただけなのによう。
泣きたくなります。

コメント

非公開コメント

買ってね
2012までのストレッチマン音楽集です。未発表曲もあるでよ。
The Backstreet Shinings
スクエアの劇団内バンド「ザ・バックストリートシャイニングス」のデビューCDです。

満月倶楽部
ハープとアコーディオンのデュオ、「満月倶楽部」もよろしく。レパートリーは60曲に達しました。
満月120
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤心

Author:佐藤心
「ストレッチマン」などの音楽を作っている、佐藤心のブログです。
舞台の音楽もやってます。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
437位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンターです