fc2ブログ

シャトーサンコム

シャトーペスキエでワインとともに軽い昼食をいただいて、次に向かうのがCh.サンコム。
ペスキエが果実感のあるわかりやすいワインを作るのに対し、こちらサンコムのワインは凝縮感が特徴だそうです。
まあ、色々見せてもらって説明も受けましたが、すでにあきらめモード。情報量多すぎです。それに、いつも思うことですが、そういう話を聞いて、「ああだからここのワインはこんな味になるのだな」などと、少しでも思えれば、それは自分の中にしっかりとした位置を占めるんでしょうが、とにかくひたすら徹底的にわかりません。
ただ、両シャトーともに、南部の割には涼しいということを強調します。ブドウを育てるのに、冷涼な気候がいかに大切かがこのことからもわかります。

ペスキエが家族経営の割には比較的規模が大きくて、ちゃんとブティックワイナリーの体裁を整えているのに対し、こちらサンコムはそれこそ数百年前からワインを作っていたという建物も残っていたりして、規模的にもやや小さく、「農家」の趣がより濃く残っている印象でした。下が現オーナーのルイ氏。


そんなワイナリーの、樽を何段にも積んである倉庫で試飲。

2008コンドリウ。サンコムさんはネゴシアンもやっているそうで、ヴィオニエも作っております。
2007Les Deux Albionコートデュローヌのワインです。
2007Le Clauxジゴンダス樹齢130年の木からできるブドウをつかっています。
2003コートロティのマグナム。コートロティには深さと軽やかさの両方が必要なんだそうです。これなどは、かなりお値打ちワインらしいです。その値打ちがわからない自分が情けない。
次に、2007年シャトーヌフドパプになる予定の数種類の樽から直接オーナーのルイが即席でブレンドしてくれたワイン。来年二月に瓶詰め予定だそうです。ムールヴェドルの比率が高いのが特徴だそうです。
ここでも徹底的に絶望的に何もわかりません。必死でメモだけはとりますが、味の全くわからない自分に、こんな事が役に立つのでしょうか。

コメント

非公開コメント

ツアーには

ちゃんと通訳の方がついております。わからないことは後で楠田先生に確認を取ることもできますし。
こうしてブログに残すことで、少しは覚えるかな、ってのもあります。
実際の日程から少し遅れて更新されるブログも、まもなくコートドールに突入します。

Unknown

これだけメモれてるのが、わたくしにはスゴイと思うのですが・・・フランス語やら、英語やらの中ででしょ?
これから、ジビエの季節・・・ローヌのワインを既に試飲してるのですね~。ええな~。
買ってね
2012までのストレッチマン音楽集です。未発表曲もあるでよ。
The Backstreet Shinings
スクエアの劇団内バンド「ザ・バックストリートシャイニングス」のデビューCDです。

満月倶楽部
ハープとアコーディオンのデュオ、「満月倶楽部」もよろしく。レパートリーは60曲に達しました。
満月120
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤心

Author:佐藤心
「ストレッチマン」などの音楽を作っている、佐藤心のブログです。
舞台の音楽もやってます。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
5554位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
573位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンターです