大阪のおばちゃんとしてはどうすればよいのか

2017.07.25.Tue.12:18
夜行こうと楽しみにしていたmarronさんのライブが前日だった事に途方に暮れ、二日酔いと風邪で頭が痛い中、とにかく出かけよう、と、上野の国立博物館に行きました。
美術品とか工芸品とか、正直あんまりよくわからないなあ、とちょっと後ろ向きです。原因の一つは前日飲んだラフロイグ25年。
島地さんに、「美味しいですよ、びっくりしますよ。」と勧められて飲んだんだけど、わからないんだよなあそのおいしさが。
昔はそんな事でいちいち凹んだものですが、だいぶオトナになってきました。ちょっと後ろ向きになっている自分をある程度客観的に見ることが出来る自分がいます。相変わらず成長の遅いわたくしでございます。

わからない事もあるけれど、わかる事もある!

瀟湘八景図屏風C

国立博物館の展示室No.7にある、狩野尚信作「瀟湘八景図屏風」の説明文です。
英語の説明は間違いです。ちなみに日本語の説明がこれ。

瀟湘八景図屏風B

英語の説明は、この屏風の右隣にある、鵜飼の絵を説明したものだったのでした。鵜飼の絵の説明文が英語だけこれと全く同じ物だったので、間違いありません。

さて。

人の間違いを指摘するのはとっても注意が必要です。指摘の仕方、タイミングなどにも気を遣わなければなりませんし、気を遣ったからと言って成功するとも限りません。そんなあれこれを考えながら、大半の場合は指摘せずに終わります。若い頃は喜々として指摘するという極めて無配慮な奴だったんですが、さすがにそういうのは卒業しました。

けれど、ここは日本が誇る国立の博物館です。
このミスを見過ごしてよいのか、悩みました。
関西に住んで37年、大阪に住んで24年の自分は内面的にもかなり大阪化、というよりは大阪のおばちゃん化が進んでいまして、スーパーで野菜の値段についてお店の人や知らないおばちゃんと喋る事も出来るようになりましたし、自分をおとしめて笑っていただく事も得意になってきています。

ここで、館員とおぼしき人に「誠に出過ぎた事だとはわかっておりますが、あそこの説明文が間違っていると思うのですが」と言う事は今の自分にはさほど難しい事ではありません。

けれど、ここ東京やしなあ。
なんやこいつずけずけととか思われるのは嫌やなあ。

と思い、放置してきてしまいました。心残りです。

どうしよう。

東京にいます

2017.07.23.Sun.00:58
木曜日に名古屋で天童さんの公演の千秋楽があって、その足で東京へ。金曜日にNHKで仕事があって、それで用事は終わりだったんですが、せっかく東京に来たので、お芝居なぞを。

花園神社のテント芝居、「ドドンコドドンコ鬼が来た」by椿組。
テント芝居なんて20年ほど前に唐組見て以来。

椿組2017

テントの中は昭和です。

お芝居も非常に見応えのあるものでした。
基本BGMも生演奏で、二人でやっているのですが、仕事柄どうしても、
「ああこの展開でこういう曲なのね」
とか
「あれ?演奏してない音が鳴ってるぞ」
とか、つい芝居以外の事に気を取られそうになります。まあこれは病気みたいなもので仕方ないんですが。
それでもその都度ぐいぐいと芝居に引き戻されます。

そのあとは客席での打ち上げに参加させてもらいます。

で、翌日は、サロンドシマジ再訪。ラフロイグの25年というやつをいただきます。
島地さんのいう、「知る哀しみ」っていうのもわからなくもないが、より自分にふさわしいのは、「豚に真珠」という言葉だなあ、と改めて思った次第。

明日、というか今日ですが、marronさんのライブがあるようなので、出かけよう、と思ってたら、昨日だったのねー。むっちゃアホでした。
marronさんというのは、天童さんのところでバックコーラスをしている人です。バンドのメンバーの数人も同じく天童さんのバンドの人たちで、こりゃいい機会だ、と楽しみにしていたのに。
IMG_2045.jpg

その頃は一人で間抜けにも神田で寿司食ってました。
アー残念。

しかし、東京にいると、色々昔の事を思い出します。
30歳くらいまでの自分は、本当に無責任で、思いやりのない最低の人間でした。今思い出すと冷や汗出ます。
少し歳を重ねて、少しマシになりました。

もうすこし色々マシになりたいものです。

一週間尾張に出張でした

2015.11.02.Mon.23:29
肉食って、ホルモン食って、魚食って、お好み焼きとピザ食って、さいごにまっずい牡蠣とひどいサンマ食って帰ってきました。
お土産はこれ。

IMG_0882.jpg

今度トンカツ買ってかけてみよっと。


仕事自体は超楽ちんやったのもあり、色々とお出会いもありで楽しかったのですが、それ以上に色々と刺激を受けました。

これからは、ちゃんとやるべき事を毎日やっていきたいと思います。
と言いつつ、自分のホームページ製作にかなりの時間を費やしてしまいました。

何もしないということ

2015.04.28.Tue.00:14
先日、神戸に行ってきました。

チューリヒ美術館展に行くのが第一の目的だったのですが、目的はもう一つありました。


実は内緒なんですが、僕は、世界を新たなステージに導く為のエージェント活動をしています。
詳しくは語れないのですが、世界中にあるポータルをハックして、レゾ挿して、リンク張って、CF作るのが我々エージェントの使命なのであります。
我々の活動に反対の立場を取るレジスンタンス達との熾烈な争いの中にいます。

大阪都構想を巡る戦いをイメージして頂ければ、当たらずといえども更に遠しです。

三宮駅から市立博物館あたりまで、そしてメリケン波止場の方へ、ポータルがつながっています。一番先端は、メリケンパーク神戸オリエンタルホテル(あってる?)のかなり海沿いの方にありました。100メートル以上歩かなければなりませんが、ここまで来たら見逃すわけにはいきません。

気づくと、目の前には大きな船が。

神戸ルミナス

神戸ルミナスやて。15分後に出航やて。2160円やて。
これはご縁やと思い、チケット買います。ついでに船内での、ワイン二杯とオードブルで2160円のチケットも買ってしまいます。

ルミナスチケット


あかーん。景気よかった時の行動やーんこれ。仕事も無くて蓄えを取り崩して暮らしている俺がそんな事をしてもいいのかー?


でも今日は折角やし、という事で大奮発です。まあ大奮発はこの後も待ち受けてるんですが、それはまた別のおはなし。


17時発で80分のクルーズです。
言われた通りに、入ってすぐの所のソファで待っていると、出航間もなく「Calib」というレストランに誘われます。この船には、3つか4つレストランバーみたいのがあるみたいですが、このクルーズで開いていたのは多分ここだけ。
この店のお客さんは、カップル三組と俺の計7人。恐らくこれで船のお客さん全部です。もしかするともう一組カップルいたかも。

19時発のディナークルーズはもう少し賑やかなんだと思います。テーブルセッティングとかしてたし。


右に港を観ながらまずは白。ピノグリかなあ。酸は強めで青っぽいけど軽くハチミツ。やがて運ばれてくるオードブル。

うーむ。

船の上だしね。仕方ないよね。
で、赤。これはニューワールドのカベソーですね。匂いかいだだけでほぼ確定。

二杯飲んで食べ終わってもまだ40分しか経っていないので、同じ赤を頂く。780円でした。
船の上やしね。陸上なら500円かな。




えー、前置きが長すぎました。ここからがタイトルにつながる部分です。



最近ずーっと仕事がなくて、
「この時間を有効に使って、沢山楽器の練習をして、色々本も読んで、色々勉強して、もっともっと自分を磨いて・・・・」
と何か追い立てられていました。仕事があるときは仕事に追い立てられ、仕事が無ければ無いで自分を追い立て、そうやって生きてきた気がします。
その割りに大して努力もしてなくて、常に小さな罪悪感を感じて暮らしていました。いや、今でもそうです。


でも、それもどうなんやろな、と少しだけ思い始めています。


こうして船に乗ってしまえば、楽器の練習も出来ないし、ネットもつながらないし、何もする事はありません。今一番するべき事は、「何もしない」事。
ちょっと解放されました。


ほんのわずかな時間やけど。

1504神戸船から



で、その解放感が良い事なのかどうなのか。
最近そんな事ばかり考えてしまいます。考える暇あったら楽器の練習したらええんやけどね。それもまたおっくうで、要はダメな奴です。

いやいや、そんな風に思って自分を追い込むのは良くない事だ。
もっと大らかに生きようではないか。


けど、そんなんで食っていけるのか?もっと自分を上のステージに持って行かないと路頭に迷うで。


いや、もっと楽観的に考えようぜ。人生何とかなる。生まれただけで丸儲けだ。


いや・・・


うーん。

神戸に行ってきました

2015.04.24.Fri.01:15
天気が良かったので、出不精な自分の尻をたたいて行って来ました。
ギリギリまで迷うのは、一つは出費、もう一つは楽器の練習をおろそかにしてしまうこと。今日も結局ほとんど楽器触らずじまいでした。タダでさえ下手くそなのに、楽器を触る時間をこういうことに費やす事に少しの罪悪感があります。
こんなとき思います。楽器なんてやってなければ良かった、と。そうすれば、なんの後ろめたさもなく自由に経験を重ねられるのですから。

などと下らん愚痴はほどほどにして。


神戸市立博物館の「チューリヒ美術館展」
印象派からシュールレアリズムまで色々。

チューリヒ美術館展

フォービズムだキュービズムだ色々。正直よくわからないんですが、
わからないブラボーです。
わかろうとするという事が既に間違っているのだと思う。

「大方の人はなぜおもしろいのかわからないまま、ぐっと引きこまれているのです。どちらかというと無意識のレベルで。」byモーリーロバートソン

無意識のレベルかあ。


それは難しいけれど、一つ課題だな。

こういった時代のどこかで、写真技術が発達して、写実的なだけではダメだ、絵画ならではの何らかの付加価値が必要だ、といった危機感から色々な事が派生していったのかな。

あまた頭で理解しようとしてる。

ミッドナイトインオオサカ?

2015.04.15.Wed.00:37
悲しい事は書きません。




で、前回の続きです。

午後7時半に梅田で一人。しばらく仙人の様に家でおとなしくしていた反動が出そう、というところでしたね。


まずはホワイティに降りる途中にあった「牡蠣とワインの店」。昔コーヒー屋さんだったとこだな。中に入ると実は立ち食いお寿司屋さんでした。「すしまる」やったかな。生牡蠣一個200円は安くて美味しかったけど、1人二個までやて。
お店の人達がなんだかとってもつまらなそうに働いていたので、お寿司は食べずに出てきた。もっと楽しそうに働けばいいのに、って余計なお世話だな。
生牡蠣二個と白ワイン一杯で972円なり。

次行きましょう。
お初天神のすぐ近くにあるワインバー「ブラッスリーランコン」。ここは2回目。
ランコンというのはランコントルの略で、出会いという意味だそうです。
隣に座っていたエリート青年2人組がなんだか景気の良い話をしている。さっきとはえらい違い。
お腹は結構一杯なので、南フランスのヴィオニエ、マルセルダイス(もちろん白)、ニコラポテル(こちらはピノ)と三杯頂いて店を後にする。


かなりいい気分になってお初天神通りを北に向かって歩くと、右側に何やら見慣れぬ路地が。

2015裏参道


石畳やし。こんな道あったかな、もしかして、今俺「ミッドナイトインパリ」状態???ちょんまげした人歩いてない?そのへんに坂本龍馬とかおれへん? と周囲を見回すと、通り沿いには、居酒屋「たよし」が。

あ、これあそこやん。

今から二十数年まえ、まだ京都に住んでいて、NHK教育の「たのしいきょうしつ」でたぬきくんの声をやっていた頃、大先輩の声優さん2人、ようこさんとこうこさんに連れて行ってもらったお店のあったところやん。
古いビルの階段を上った三階か四階にあった居酒屋。小樽出身の大きなお母さんと小さなお父さんのお店、名前今思い出した!「二軒目」だ!
どちらかというと、一軒目に行くお店だったけど。
生まれて初めて「めふん」食べたのもここだったなあ。

その「二軒目」、大阪に越してきた前後位に店を畳んでしまって、その後にはピンク系のお店が出来ていてガッカリした記憶がある。それ以来、どちらかと言うと、薄暗くいかがわしい系の通りだったはずである。
そんな通りがいつの間にかに石畳。両側には良さげな店が沢山。1番奥には、多分石畳前からやっていたと思われるカラオケスナックが。今となってはちょっと浮いた感もあるこのお店も、石畳に乗っかってうまく若い女性達を取り込んで行けるといいね。チャンスだよね。

お初天神裏参道


ふうん。お初天神裏参道いうんや。「ミッドナイトインオオサカ」とは行かなかったなあ。
でも、二十数年前の記憶が蘇ったわけだから、ちょっとは近いものもあるな。


とりあえず、一番手前のビニシーフレンチに突撃だ。
この頃にはすでに記憶もあやふや。
泡と赤と生ハムコロッケかな。

で締めはVintage Inn。河原崎さんお元気そうで。ここはちょいとお高いので、美味しいピノを一杯だけ。

やったと思う。

高崎線の各駅停車にグリーン車がある話

2014.10.04.Sat.09:48
先日は浦和へ。
浦和と言うと、京浜東北線というイメージだったのですが、最近は、新宿方面へのアクセスの方が良いみたい。
秋葉原まで地下鉄で行って、JR京浜東北線に乗り換えるも、赤羽止まり。赤羽で高崎線籠原行きに乗り換えたのけれど、驚いたのは、なんと鈍行列車にグリーン車がある事。
しかも二階建て車両。ビスタカーみたいなやつ。
その驚きを浦和在住の友人に伝えると、更に驚愕の事実が。

グリーン車に乗っても、混雑していて座れない事があるらしいです。
「え?それって座席指定のないグリーン車って事?」
撮り鉄の某S氏にはそんなん当たり前やんと言われそうですが、本日二度目のびっくりです。

びっくりはまだまだ続きます。
もしかするとこれは過去の話だったかもしれませんが、電車に乗ってから、何らかの事情でどうしても座りたいのでグリーン車料金を払う場合、あらかじめ買っておくよりも高い料金なんだそうです。
高い料金を払ったのにも関わらず、グリーン車で座れないという地獄のような沙汰も日常茶飯だったといいます。
極道JR東日本。

飲みに出ればたまには良いこともある。

2014.07.06.Sun.14:44
寝て起きて寝て起きて寝て起きて、気がつくと天使と悪魔が。

でも、昨日はほとんど仕事してません。悪魔の活躍する余地など無いかとおもいきや、チャリで出動です。

目指すは、チャリで約五分の「遊び菜」。年に一回か二回行くとてもアットホームなお店です。
土曜日の夜ですので結構混んでます。そこで、「サエツさん」に会ってしまいました。

といっても、面識はありません。こっちが勝手にライブを観ただけの人です。
詳しくはこちらをどうぞ。

みにい


写真ひだりが「サエツ」さんこと「さえか」さんです。
キーボードプレイヤーとして、二本の腕だけで食っているすんげくかっこいい人です。ああ、俺も若い頃もっと練習してたらなあ、なんて思うヒマがあったら、今練習しやがれ、寝てばっかのくせに、ですね。


そんなこんなで全く仕事が進まない日々ですた。
さて今日も天使と悪魔再登場の気配です。

昨日帰宅しました

2014.05.30.Fri.09:49
昨日の午後、日本に、いや、大阪に帰って参りました。
海外旅行以外で、こんなに長く家を空けたことは、とんと記憶にありません。一杯歩きました。どっか遠い国に行っていたような錯覚に陥ります。

なによりもまず、色々おつきあいしたり接待したりして下さった皆様、本当にありがとうございました。

まずはこれでしょう。感謝の念をもう少し大切に生きて行きたい、と思う次第です。

早速今日は、富田林の三田屋さんでアコーディオン演奏です。五日ほど楽器をさわっていなかったのですが、昨日申し訳程度に練習しました。


暑くなりそうですね。店までの道がちょっと嫌な季節になってまいりましたが、頑張って行きましょう。

そして帰路に

2014.05.29.Thu.11:51
昨夜は世田谷は深沢にある豪邸泊まり。
今は羽田空港で、アメリカ人の奥様が握ったおにぎりを食べながら、乗る予定の便のフライトが10分遅れるというアナウンスを聞きながら書いてます。

今回は、自分にしては積極的にアポとって、色んな人に会ったんだけれど、思う事はほぼ一つです。

「本当にうかうかして生きてきたな俺」

どこへ行っても、誰に会っても、そのことばかりを思い知らされるけれど、落ち込むのはやめました。自分を卑下するのもやめました。
まずはありのままの自分を受け入れ、「うかうかしていた」事に気づいた自分を喜ぼうではないか。

そしてなんとかこの気持ちを今後の人生に生かそうではないか。

どうすれば良いのか皆目見当はつかないけれど。
 | HOME | Next »