スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱナマだよね。

2017.10.04.Wed.23:23
10/1は、「ハモーレ・エ・カンターレ」というコーラスグループ(でいいのだろうか)のライブに梅田の高級ジャズライブバーへ行ってきた。
とってもレベルの高いコーラスを、様々なジャンルで聴かせていただいて、ああこれはかなわないなあ、と思わされて帰ってきました。光田さんも長谷川さんもほんと凄い。
自分ももう少し頑張らないとあかんなあ。といいつつ一向に頑張る気配がありません。
どうしましょ。
音的には、全体にちょっとオン過ぎる感じはしたかな。生声が主役で、しかも小さい箱なんだから、もう少し空気感を感じたかったかな、と思いました。

そして昨日がこれ。



美しい女性四人からなるサックスカルテット「コパン」のCD発売記念ライブです。
実は二ヶ月ほど前に、オリジナル曲の作編曲をお願いされてまして、まずは一曲新しい曲を作り始めたんですが、自分が過去に作った曲をアレンジして演奏してもらうのもありかな、と、26年前に作った、「T型フォード風になれ」という曲と、三年前に作った「月にかけて誓う」という曲、どちらも歌ものなんですが、それをサックスカルテット用に編曲して渡しました。

一度だけ稽古を観に行ってちょこっとああだこうだ言って、譜面をちょこっと直して、それからの昨日でした。

演奏は、有り難いくらいに素晴らしいものだったけれど、譜面もうちょっと直しが必要だな、とは感じました。

僕が作った曲以外にも、去年お世話になった前田恵美さんとか、若い女性作曲家とかなんせ正規の教育を受けたエリート達の曲が並んでいます。やばいです。
演奏を楽しむというよりも、皆さんの音楽の素晴らしさと自分の音楽を比較して、「負けてるんちゃうか?いや、そんなに差はないよな」とかそんなくだらない事ばかりを考えながら聴いていたことをここに告白いたします。

コパンさんとは長いつきあいになりそうです。もっともっとサックスの良さを引き出せるように、色々学んで行きたいと思いますので、ひろこちゃん、あゆみちゃん、みきちゃん、さっちゃん、これからもよろしくね。


いやでもね、サックス懐深いなあと改めて感じました。時にクラリネットのような、って構造かなり似てるし似た音がするのは当たり前やけど、時にホルンのような、これはカップのなせるワザかと思うんですが、とにかく、繊細な部分からワイルドな部分までの振れ幅の大きい楽器だな、と思いました。
日々これ勉強だわ。こんな機会を与えてくれた四人にも大感謝です。
スポンサーサイト

京都に行ってきた

2017.08.27.Sun.01:44
糸あやつり人形劇団みのむしさんとの出会いはかれこれ30年近く前。僕が唯一受かったオーディションでゲットした、「たのしいきょうしつ」というNHK教育の番組のタヌキくんというキャラの声役。キャラクターの人形を作って操演しているのがみのむしさんでした。
その主宰がマエストロ飯室康一さんです。
息子さんのいいむろなおき君は既に誰もが知るパントマイマーであり振り付け家でもありますね。
その「みのむし」さんが京都のアトリエで夏休み集中公演をするというので出かけてまいりました。

14時からの公演を観てから思案します。19時からの続編を観て帰ろうかどうしようか。
こんな時、自分はたいてい無難な選択をします。
家で譜面書きもあるし、そもそもお金だってないし、さっさと帰ろや。

でもなんか、まだ仕事も差し迫っていないこんな機会こそ、少しはゆっくりしてもいい、いや、するべきではないのか、と思い直し、出町柳のゲストハウス2500円を予約します。
自分はいびきもうるさいし、酒飲んだらトイレも近いし、みたいなネガティブな自分にはひとまずおとなしくしてもらいます。ゲストハウスのレビューを観ると、「いびきがうるさくて眠れなかった」みたいなのがいくつかあって、ていうことはいびきがうるさい人が泊まってもいいわけじゃん、とポジティブに。
自転車も借りれるらしいので、自転車ならここからみのむしさんのアトリエまで数分ですし、懐かしい界隈を自転車で走り回る事も出来ます。
幸い今日はちょっと涼しいし。

でチェックイン。ロケーションは出町柳駅から徒歩2分くらい。線路のすぐ横。

ゲストハウストンボ叡電

間近を電車がとおると古い建物は揺れます。

宿で一息してから、チャリを借りて、「ドクロ屋敷の秘密」夜の部へ。
飯室さんの相変わらずのユーモアを感じ、飾られている人形達に歴史を感じ、
みのむし人形a

出演者の写真も撮り、
枡形とおるくん

アトリエを後にします。
色々直せる部分はあるよな、などと大それた事も感じてしまいました。飯室さん、何でもやりまっせ。

あ、今日もやってますので、興味のある方は是非観に行ってください。子供向けを装って大人向けですよ。個人的にはクララちゃんに釘付け。

店を出て、懐かしい界隈を自転車で。
京都ではトリキもこうです。
京都のトリキ

んで、

昔住んでたアパート発見。
田中のアパート

外装綺麗になってるけど、この奥の二階に一年余り住んでました。31年位まえかな。

その頃よく通っていた「友楽菜館」に行くも、お休み。でもまだやってるって事なので、次回は是非に。その辺で腹を膨らませてから、「ポストコイトス」というバーへ。

まだ学生だったか卒業したてだったか、そんな学生気分の抜けない頃に、飲み会のあとに10人くらいで押しかけたら、マスターは僕たちを完全に無視して氷を削っていた、という思い出のお店です。
今思えば、そんな騒がしい連中が来る店ではなかったと赤面するしかないのですが、当時はそんな事はわかりません。
「なんだよこの店」みたいに出て行ったのを覚えています。
そんな話をマスターにすると、
「無視したりはしたことはないと思います」
とおっしゃりながらも、
「あの頃はまだ自分もとんがってたから」
と言ってくださったマスターは多分自分より10以上は年上。1985年オープンだそうです。

次はこちら。
ringo2017.jpg

百万遍のビートルズバー「RINGO」。
三十年以上前に何度か来てましたとか言ったりもしてみたが、ほぼ無反応むしろウンザリしてるように見えたのは、多分僕の隣に一人で座っていた若く美しい女の子ばかりに気をとられていたせいなんだと思います。
いや、そうに違いない。
普段は、僕の様な昔を懐かしむ客に対しても、ウンザリ感なしに楽しく接してくれるマスターの筈です。

それからコンビニでお酒を買い込んで、ゲストハウス帰還。
ゲストハウストンボロビー

広い空間を独占。ベッドは狭いけどね。

神田名店食べ比べ

2017.08.10.Thu.09:57
神田はカレーのメッカらしいですね。

神田カレー2

左が神保町、右が淡路町代表です。

個人的には左が好み。といっても、あくまでレトルトで比べただけですので、実際店に行けばまた感想は変わるかもしれません。こないだ神保町代表の店は行ったので、こんど淡路町代表の店に行ってみようかな。

Apollo 8 Quad買いました。

2017.08.08.Tue.01:18
お仕事のギャラが入ったので、久しぶりの高い買い物。



この上のやつ、Universal Audioの「Apollo 8 Quad」です。
8in10outあるので、卓とつなげて、さらにはヴァーチャル卓の「Console」をマニュアルと格闘しつついじくりたおして、数日かかってかなり快適な環境を手にいれました。

下に見えるMesa BoogieをApolloにぶっさして、手軽にギター録音出来ます。
歌もここで出来ます。エアコンの音拾っちゃうけど、簡単なデモならそれでもいいや。
もちろんブースへのモニター返しも、ステレオ1系統に加えてモノラル2系統ブース内で独立してバランス調整が出来ます。

などなど便利になったわけですが、このアポロというやつは、アナログフィーリングのプラグインで定評があるのです。
NeveのコンプとかPultecのEQとかStuderのテープレコーダーとかそういう自分では絶対に買えないような色々のプラグインがあって、それがまたかなり良いらしいのです。
実際自分が使ってみると、いまいちわからないのはラフロイグ25年と一緒だなあ。

つくづく違いのわからない男です。

まあわからないからこそ、世間の評判を信じてこうして購入して、そんでもって、わからないなりに使っていくしかないわけですね。

一時はサブミキサーを二つもつないでいたのですが、外部音源がどんどん減っていってソフトウェア音源を使うようになってきている上に、20年前に買ったメイン卓「O2R」で使えるアナログ入出力カードが中古で奇跡的に手にはいったので、
CD8AD.png
サブミキサー要らなくなりまして、ものもかなり減った感じがします。この「Sold Out」は、僕が買った一個だけしか在庫がなかったと言う事を物語っています。

IMG_2119.jpg

色々とものを移動させたりして、とっても快適なスタジオになったぜ。

大阪のおばちゃんとしてはどうすればよいのか

2017.07.25.Tue.12:18
夜行こうと楽しみにしていたmarronさんのライブが前日だった事に途方に暮れ、二日酔いと風邪で頭が痛い中、とにかく出かけよう、と、上野の国立博物館に行きました。
美術品とか工芸品とか、正直あんまりよくわからないなあ、とちょっと後ろ向きです。原因の一つは前日飲んだラフロイグ25年。
島地さんに、「美味しいですよ、びっくりしますよ。」と勧められて飲んだんだけど、わからないんだよなあそのおいしさが。
昔はそんな事でいちいち凹んだものですが、だいぶオトナになってきました。ちょっと後ろ向きになっている自分をある程度客観的に見ることが出来る自分がいます。相変わらず成長の遅いわたくしでございます。

わからない事もあるけれど、わかる事もある!

瀟湘八景図屏風C

国立博物館の展示室No.7にある、狩野尚信作「瀟湘八景図屏風」の説明文です。
英語の説明は間違いです。ちなみに日本語の説明がこれ。

瀟湘八景図屏風B

英語の説明は、この屏風の右隣にある、鵜飼の絵を説明したものだったのでした。鵜飼の絵の説明文が英語だけこれと全く同じ物だったので、間違いありません。

さて。

人の間違いを指摘するのはとっても注意が必要です。指摘の仕方、タイミングなどにも気を遣わなければなりませんし、気を遣ったからと言って成功するとも限りません。そんなあれこれを考えながら、大半の場合は指摘せずに終わります。若い頃は喜々として指摘するという極めて無配慮な奴だったんですが、さすがにそういうのは卒業しました。

けれど、ここは日本が誇る国立の博物館です。
このミスを見過ごしてよいのか、悩みました。
関西に住んで37年、大阪に住んで24年の自分は内面的にもかなり大阪化、というよりは大阪のおばちゃん化が進んでいまして、スーパーで野菜の値段についてお店の人や知らないおばちゃんと喋る事も出来るようになりましたし、自分をおとしめて笑っていただく事も得意になってきています。

ここで、館員とおぼしき人に「誠に出過ぎた事だとはわかっておりますが、あそこの説明文が間違っていると思うのですが」と言う事は今の自分にはさほど難しい事ではありません。

けれど、ここ東京やしなあ。
なんやこいつずけずけととか思われるのは嫌やなあ。

と思い、放置してきてしまいました。心残りです。

どうしよう。

東京にいます

2017.07.23.Sun.00:58
木曜日に名古屋で天童さんの公演の千秋楽があって、その足で東京へ。金曜日にNHKで仕事があって、それで用事は終わりだったんですが、せっかく東京に来たので、お芝居なぞを。

花園神社のテント芝居、「ドドンコドドンコ鬼が来た」by椿組。
テント芝居なんて20年ほど前に唐組見て以来。

椿組2017

テントの中は昭和です。

お芝居も非常に見応えのあるものでした。
基本BGMも生演奏で、二人でやっているのですが、仕事柄どうしても、
「ああこの展開でこういう曲なのね」
とか
「あれ?演奏してない音が鳴ってるぞ」
とか、つい芝居以外の事に気を取られそうになります。まあこれは病気みたいなもので仕方ないんですが。
それでもその都度ぐいぐいと芝居に引き戻されます。

そのあとは客席での打ち上げに参加させてもらいます。

で、翌日は、サロンドシマジ再訪。ラフロイグの25年というやつをいただきます。
島地さんのいう、「知る哀しみ」っていうのもわからなくもないが、より自分にふさわしいのは、「豚に真珠」という言葉だなあ、と改めて思った次第。

明日、というか今日ですが、marronさんのライブがあるようなので、出かけよう、と思ってたら、昨日だったのねー。むっちゃアホでした。
marronさんというのは、天童さんのところでバックコーラスをしている人です。バンドのメンバーの数人も同じく天童さんのバンドの人たちで、こりゃいい機会だ、と楽しみにしていたのに。
IMG_2045.jpg

その頃は一人で間抜けにも神田で寿司食ってました。
アー残念。

しかし、東京にいると、色々昔の事を思い出します。
30歳くらいまでの自分は、本当に無責任で、思いやりのない最低の人間でした。今思い出すと冷や汗出ます。
少し歳を重ねて、少しマシになりました。

もうすこし色々マシになりたいものです。

東京だっ!

2017.06.04.Sun.00:17
三週間ぶりに東京に来てます。
今回はスケジュールてんこ盛り。

まずは、神田の「ほうきぼし」再訪。ここの汁なし担々麺ほんまにうまいわあ。

で、高田馬場へ、コーライティングのワークショップの二回目。
前回のワークショップで3人くらいずつ18のグループに分けられた。そのそれぞれのグループで三週間の間に曲を仕上げるというのがミッションで、18のグループが19の曲を仕上げてきた。今日はそれを発表して講評をいただくというのがメインである。

自分は一応音楽で食べているのだけれど、自分が凄いと思ったことなど一瞬たりともないし、色々な行き詰まりを常に感じている。コーライティングに何か可能性を求めての参加でした。

主宰の山口さんという方はとてもオープンマインドなクレバーっぽい方で、もう一人の伊藤さんという人も同様で、色んな人の作品とその講評を聞くのはとっても為になった。
ただ、うちのグループに関しては失敗だったと思う。19曲のなかで最低だったと自分では思っている。
自分の力不足を含めて、問題点はいろいろあるが、まあ仕方ない。ケミストリーを求めて参加したけれどうちのグループではケミストリーは起きませんでした。仕方が無い。そういう時もある。

そして高円寺へ。
最近はアルバムもだしてライブも目白押しで路上に出る日が大分少なくなってきたらしい麗香ちゃん。貴重な路上を見に行って、CD買ってきた。



サインもらったぜ。
「路上から、世界へ」
というむっちゃイカしたコピーのチラシをもらってくるのを忘れました。
彼女が大阪に居た頃、一度NHKの子供番組で歌を歌ってもらった。今やそれが誇りやし。

高円寺の高架下に響く歌声は以前に増して伸びやかだった気がした。


そしてそして、次は都立大学。

40年来の知り合いの野口久和さん。
二年ほど前に知り合ったギタリストの長谷川さんのFBで名前を見つけて、早速ライブを見に行った。
以前アイドルバンドみたいなのでデビューしたのが35年位前。そのときライブ見に行って以来の再会。

IMG_1960.jpg

全然変わってなくてびっくり。ピアノは上手になってたけどね。
昔話に花が咲きつつも、これからもやりたい事やらないと、みたいな話になる。
ほんまそうだよなあ。お互いいつ倒れるかわからない歳やし。久和さんは僕の3つ上。もっと貪欲に色んなことをやっていかないと、と改めて思わされた。

最近、自分としてはまあまあアグレッシブに頑張ってるんだけどね。もっと頑張ろうと思いました。

東京一日目終わり

「おもてなし」終演

2017.05.29.Mon.13:40
玉造小劇店「おもてなし」大好評のうちに幕を閉じました。



今回は札幌東京東海そして大阪と全ての場所に足を運び、普段に増して「参加した」感のある公演になりました。
これで、毎日の様に酒を飲んではバカを言い合っていた座組も解散。
それぞれの場所に散っていく事になります。
千秋楽のアコーディオン演奏もどうにか済み、ほっと一安心。

DA4M4_OUIAAMysk.jpg

なんせ、脚本が良い。役者もいいけど脚本が良い。
こんな作品に関われた事は幸せだな。こんな風に思えるのは本当に滅多にないことです。


打ち上げで、ふっこさんに、
「またやろうね」
と言っておきました。

ほんまにね、歴史に残る本だと思う。何度でも何度でもやりたいし観たい。

自分はもっと頑張らないといけません。

いや、頑張らなくて良いのか。

どっちや。

札幌五種コンプリート

2017.04.25.Tue.01:30
4泊5日の札幌から帰ってきました。
「おもてなし」再演の札幌公演です。



公演はええ感じで終わりまして、三週間後には東京へと舞台を移します。それまでに少しの手直しはありますが、とりあえずホッと一息です。

北海道といえば、食べ物です。
札幌五種競技です。

札幌5種

右上から時計回りに、スープカレー、お寿司、ジンギスカン、ウニいくら丼、ラーメン。
最後、さほど腹減ってないけど、まだ食べていないラーメンを制覇せねば、と新千歳空港はラーメン道場にある「一幻」に並んでいると、二十何年かぶりの人に会いました。

あべれいこ@新千歳


いやはや、何が起きるやら。

札幌に来てます。

2017.04.22.Sat.01:26
玉造小劇店「おもてなし」公演で札幌に来ています。
普段はこんな旅公演には連れて行ってもらえません。初日には仕事終わってるわけですから。でも今回は、音響雑用係として無事みなさんと一緒に旅公演です。

楽しい。

でも寒い。屋内と屋外の温度差に慣れません。


んで。
北海道に来たら、まずこれでしょう。

二条市場うにイクラサーモン丼

ホテルから10分ほどの二条市場へ。
まあ美味しかったのですが、期待したほどのボリュームはありません。コスパは高くありません
店員も中国人やし、中国語メニューあるし、どうやら中国人向けの観光地になっている模様。
札幌に来る前に、劇場とホテルと二条市場の場所だけをチェックしてきて、10人ほどを先導してきただけに、ちょっとみんなには申し訳なかったです。

んで、翌日仕込みすませて、「えんかん」のパーティに参加させていただいて、昨日が初日。
ちょっとしたミスはあったけれど、無事終了。大阪に戻ってから一カ所手直ししなければならないかな。
初日打ち上げはジンギスカン。



そもそも朝ホテルでビュッフェ飯食って、昼と夜は劇場でお弁当が出て、夜はこうして飲み食いに出るので、一日四食です。
体重絶対増えてるな。

今日は2ステージあるのですが、昼と夜の間に、地元の人たちのケータリング飯というのがあるらしく、これも期待大。

さ、ビール飲んでねよっと。


 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。