FC2ブログ

だらだらと思いつきのように続く異常事態宣言

菅総理の話は聞くに堪えない。一切質問には答えず、言い訳に終止。で、再質問は禁止ってつまり質問に答える気がないって事やん。
国家の危機にいただくトップとしては最悪。
こういう人がトップに立てる仕組みから変えなければ日本は終わり。

さて。

政府観光局の統計によると、今年の1-3月の三ヶ月の間に66200人の外国人が日本に入国している。
入国後の隔離などもかなりずさんな状況と聞く(これは又聞き、ソース無しですが)。
イギリス変異株が問題になり、インド変異株も更に厄介らしいというこの状況で、何故外国からの流入を止めないのか。島国の利点を生かさないのは何故なのか。
これ止めれば状況はここまでひどくなっていなかった可能性は高いのではないか。


政府には、「これだけのこういう人たちが入国しました。入国後は厳重な監視態勢をとらず野放しにしました。」という事をハッキリ我々に伝える義務があるんとちゃうかな。
そして、そういう人たちの入国を止めるのではなく、我々国民の行動を制限し続ける方を選ぶ理由をしっかりと国民に説明する義務がある。
話はそこからだ。

マスコミもなんでそこ報じないのかな。

もう一つ。
欧米からみて二桁ほど少ない感染者で医療が崩壊してしまう現実をどう考えているのか。その問題に対して、この一年余りの間に何も改善する手立てができなかったのは何故なのか。
ここもちゃんと教えてね。
この二つに納得出来たら、オリンピックのことは目をつぶってやってもいい。

昭和48年放送、「新日本紀行 いまを訪ねて」幸福町

NHKは面白いなあ。
まあいろいろと問題もあるんやけれど、この手の番組とか、世界のドキュメンタリーとか、もう目が離せないよ。


今回は、大分前に廃線になった広尾線の幸福駅が舞台。

それほど昔ではない。俺も既に小学校の高学年の頃だ。ここにでてくるお孫さんは、おれより少し若いわけだよな。

愛国から幸福への切符がブームになるきっかけらしい。
そんなブームあったあった。「愛の国から幸福へ」とかいう唄もあったような気がする。

この時代の番組は、良くも悪くも不親切だな。今なら絶対コメントをダブってるとことかもスルー。口が合って無くたってそんなこと誰も気にしやしない。
今なら、「3フレあげて」とかそんなことに血道をあげるけれど、もしかしたらそれほど大切な事では無いのかも知れないと思ったりもする。
俺はこっちの方が好きやけど、やっぱり分からんこともある。でもさ、分からんこともあって当たり前なんだよな。
不親切と言えば不親切やけど、逆に、みんなは親切を求めすぎてる感じもするよな。やってもらって当たり前、それが俺らの権利じゃん、みたいな感じがある。

個人的には好きじゃ無い。

最近もそんなんあったじゃん。
自分は障害者なんだからやってもらって当たり前、とか、そういうのはなんか間違ってると思うんだな。
ま、彼女は「活動家」みたいなんで、あれが仕事なんでしょう。でもあれで障害者の環境が良くなるとはあんまり思わないな。むしろ分断を深めているように思う。
あんまり良いやり方では無いような気はする。

まあいいや。

幸福町の話でした。

今でも観光資源としてなんとかやってるみたいなのは悪くは無い。
今は25戸やて。冬は厳しいけど、農地は広い。農業には可能性がある。
いやでもこれからは農業かもやな。大規模でなくても、手間をかけてより良いモノを、ってのは時代に合ってる感じもするなあ。まあ大変なんやろけどさ。

NHKスペシャル。「家族が最後を決めるとき」

脳死移植と言えば兄を思い出す。この番組のダイゴくん9歳、かたや脳死になった時兄は50歳。状況は全然違う。

兄が脳死状態になったのが11年位前。
本人の同意がなくても、家族の同意で臓器移植が出来るっていう法律ができて間もなくて、このまま脳死移植と言うことになれば、日本で4例目か5例目くらいで、もしかしたらニュースになるかも、くらいの頃だった。
そもそも自分は父が何で死んだのかも、兄がなんで脳死状態になったのかもよく知らない。医学音痴。
医学音痴というだけでなく、両親は、自分に余計な負担をかけさせまいと思ったんだと思うけど、親の仕事の事も健康の事も、ほとんど知らさずに過ごしてきた。
それはそれで安楽で有り難かったのかも、とは思うけれど、今思うと、知っておきたかったと思わないでもない。
でもそれはいいや。

新しい法律が出来たすぐあとに兄がそんな状態になって、親族が呼ばれる。親族は俺と母だけだ。でも、もう一人、内縁の妻的な人がいて、その人と三人で医者の話を聞いた。
自分も母も、誰かの役に立つのならどうぞ、っていう感覚。
個人的には、ひとさまに迷惑をかけ続けた人生、最後くらいひとさまのお役に立てれば、それは素晴らしい事なんではないか、と思った。多少は償えよ、くらいな感覚。
でもその内縁の妻的な人が、というのも同居はしてなかったみたいなんで。実際よく知らないねん。
ともかく、その人がなんか反対して、母としては彼女の思いを汲みたい、ってことで結局臓器はだれのお役にもたてずに終わりました。

9歳の子供の話とは全然違うよな。
自分には、なんか湿った要素はゼロでした。ま、色々あるわな。

サンタバーバラのジャクソンエステート

三連投。
目指せ稲尾和久。


酔った勢いでセラーにあったJackson Estate 2013シラーをあけてしまった。
多分、うちにある最後のカリフォルニアわいんだな。

過半数はNZのマーティンボロ。あとはフランスとイタリアが多いかな。

 JEシラー

果実感はそれほどないけど、結構まったりしてます。アルコールは高そうと思ったら、14.5%。まあ高い。
サンタバーバラって割と涼しいイメージあったんやけどなあ。

ネットで調べると、結構良い値段っぽい。
失敗した。メルカリやった。

て、メルカリでワイン売った事なんてないけど。

政治家はビジョンと覚悟を持て、っちゅうはなしです。

菅総理。
「今後陽性者が増えてきたら、また非常事態宣言を出すこともあるのでしょうか」
という質問に対して、
「ですからそうならないように云々」
と極めて政治家らしい答弁
「仮定の質問には・・・」とかで批判されて、ちょっと言い方を変えてみたんだよね。
でもさ、
「あります。」
でええやん。「みんなでそうならないようにしましょう。」と何故言えないんだろう。
個人的な考えだが、はぐらかす政治家的答弁が身につきすぎてしまってるんだろうなあ、と。
想像ですが。
覚悟とビジョンがある人が政治家になって欲しいと常々思います。

ikMultimedia iRig2

いや実に久々のブログ更新になってしまいました。

生きてます。

さて。


みんな大好きサウンドハウスのポイントが失効を迎えてしまうというので、ちょっくらポイント交換してみました。
ikMultimediaのiRig2です。
スマホ用のギターアンプシミュレータてとこかな。

でこちらがikMultimediaのロゴ。

ikロゴ


漢字の「天」を思わせる様なロゴ、てっきり中国のメーカーかと思ってましたが、イタリアみたいです。

iPhoneに繋いで使うわけですが、そもそもアウトプットがミニプラグじゃん。iPhoneに挿せねえじゃん。きょうびのiPhoneにはミニジャックなんてついてないんだぜ。ご存じないのかikさん。
ハードウェア登録しちゃったよ。する前にメルカリだったよなあ。



気を取り直して、古い古いiPad miniを引っ張り出してきます。

iRig2.jpg

まあまあ使えた。無料でチューブアンプのシミュレータアプリをDLすると、ちょっとしたエフェクターも無料でついてくる。結構ノイジーなのはギターのせいかな。
でも、無料のゲートかませば無問題。

これで4000円台はコスパ的には悪くないんじゃないかな。

でも、やっぱり俺使わないや。

ユーザー登録はしてしまったのだけれど、誰か欲しい人いたら、送料着払いで進呈しますよーん。

139番 国吉城

本日目指すは139番、佐柿国吉城。地元では、若狭国吉城あるいは単に国吉城と呼ぶようだ。
ここは鎌刃城のように迷う事はない。麓にある歴史資料館を目指せばいいだけだ。そこから城への道は寝ててもわかる仕組み。

201006国吉城碑

まずは歴史資料館で情報を仕入れて、スタンプを押して、

201005国吉城スタンプ

熊鈴をお借りして、スタートだ。

道はよく整備されている。とはいえ、勾配はまあまあ急だ。時間はあるので、ゆっくりと登る。急な所は二十歩進んだら息が落ち着くまで休む。むっちゃ急な所は、十歩で休む。
むっちゃ急な所は少ししかなかったけど。

資料館から本丸まで26分。普通の人なら20分、健脚なら俺の半分かな。

標高は、197メートル。所々に、礎石や、石垣の崩れた跡、土塁、堀切などが見られる。まあまあ難攻不落っぽいかな。
戦国中期から江戸初期にかけてのお城らしい。
金ヶ崎の戦いの前に、信長が三日ほど泊まったんだそうな。撤退戦でも、信長の役に立ったのかもやな。

山上に吹く風は冷たい。昨夜は冷え込んだしなあ。

201006国吉城天守

これは、大正時代に建てられた石碑なんやて。お城はいつだってどこでだって、街のシンボルだよね。
木々の向こうに青く広がるのは、日本海だぜ。

秋山や 百三十九番は 佐柿国吉城

高木東六先生か、俺は。って、これがわかるひとは俺と同世代かそれ以上の人やな。

鎌刃城

今日も今日とて城巡り。鎌刃城という山城を目指す。
米原ジャンクションの近くの林道を登って行くらしいので、とにかくそこを目指す。すると、道には扉が。

201004ゲート

あらー、通れなくなってるのか。これで一旦あきらめかけたが、扉の近くまで行くと、
「獣害のため閉めてます。開けたらまた閉めておいてください」
みたいなことがかいてあり、鎖をはずして留め具を外せば難なく扉はあいた。そこへ、同業者らしき京都ナンバーの軽自動車が行き過ぎて、戻ってきてこっちを見ている。
状況を説明して車を扉の中に入れ、扉を閉める。

ここからの山道がもうね。でこぼこで底こするわ、大きな岩で底こするわ、倒木やら岩やらをどけに車おりなあかんし、倒木で横こすったりもしつつ、狭い狭い道をとにかくのぼる。片側は崖なので、まじで命がけ。
後ろの車がついて来てるかを確認しつつ、しばらく登る。いきなり舗装道路に出ると、すぐ峠。

峠付近で車を降りて、山道を歩くことになるのだが、こんな罰ゲームみたいな道を通らなくても、舗装道路でここまで来れるということなのだ。

帰りも同じ道戻るのいややなー、と思っていたので、ほっとする。



万が一、このブログを参考に、鎌刃城を目指そうという人の為にちょっと詳しく書きます。

旧中山道を番場宿から南に行って、宿場町を超えて高速と並走するようになったあたりの左側に、高速をくぐるこの扉があります。
開けて通ることはできるけど、こっちは罰ゲームルート。
ジャンクションのすぐ東の道をずーっと南に向かって、アイリスオーヤマを左にみながら、正面のY字路を右に行った林道が、完全舗装で峠まで行けるルートです。
落石はゴロゴロしてたけど。


で、鎌刃城。峠道をいきなり下る。城へのアプローチでいきなり下りというのは珍しい。もちろん、下から歩いて登ることはできるんだけれど。
それから登ったり下ったり、12分ほどで、お城に到着。健脚の人なら10分かからないな。
ここが本丸前。

201004本丸前

どの山城にも言えることだが、昔はこんなに木が生い茂ってなくて、眺めが良かったんだろうと思う。敵の進攻を目認するのも大事だもんね。

本丸跡で、先ほどの京都ナンバーの松田さんというおじいさんと歓談。きっと、「続百」だろうと思って、聞いてみるが、どうやら違うようだ。でも山城中心に百以上登ってるって。滋賀県の山城は50ほどは行ってるのではないか、とのこと。
スタンプにつられて山に登るような奴とは違う、ほんまもんでした。おみそれしました。

そこで一枚お願いしてみた。

201004わたくし

なかなか立派な石組みが残っている。

おじいさんは、軽々とした足取りで、とんとんと北の尾根道を下って行く。北の廓にもいくつか見所があったようなのだが、自分は、主郭と副廓でまあ満足。このへんがスタンプ目当てのにわかって事かな。
それでも、

201004堀切

お、これは堀切だな、ってすぐにわかるくらいにはなったのよ。

201004鎌刃城

秋山や 百五十六番は 鎌刃城

もうええって。

秋山や 四十九番は 小谷城

49小谷城

バスに揺られること5分。それから結構急な山道を登ると、遺跡が現れる。最初は、番所跡やて。ちょっと曲輪が広がってるだけで、知らなければわからない。少し登ると、ようやく、石で囲った池やら石垣やらが現れて、ああ城跡だったんだな、って気がしてくる。建物は一切残っていない。秀吉が長浜城に移る時にこわしたのかな?小谷城が落ちた時は焼かれたわけではないらしいので。

眼前には虎御前山。信長の陣がどんどん築かれて行くのを、浅井父子はどんな気持ちで眺めていたんだろうな。織田につくか、朝倉につくか、そら悩んだことでしょう。失敗したなーって思ってたかな。
で最後は頭蓋骨の盃やもんな。戦国時代こわいわ。

ガイドさんの案内は本丸まで。まだまだ上にいろいろあるようなのだが、帰りのバスに間に合わないので、ここまでにする。
今から思えば、なんでこんな不便なところに住むんだろうな、って思うけど、ちょっと油断したらすぐに殺されてしまうこの時代、便利さよりは安全の方が優先したんだろう。


山から降りてもまだ午前中。よし、次行けるぞ、と向かったのは、滋賀と福井の県境にある、「玄蕃尾城」。
賤ヶ岳の合戦の時の、柴田勝家の本陣だというこのお城。そこへ行くには、こんなトンネルを通らなければならない。

2010柳ヶ瀬トンネル

知る人ぞ知る、柳ヶ瀬トンネル。
下半分石垣やし。調べると、百数十年前に鉄道用に作られたトンネルらしい。お城と同じくらいすごいわこれ。

柳ヶ瀬トンネルを西に抜けたらすぐに右に折れて、二キロ走れば駐車場。駐車場といっても道の突き当たりが少し広くなってるだけ。
そこからは徒歩で20分ほど、前半は結構きつい登り。後半は尾根に出て平坦な道なき道を行くと、遠くに木の看板が見えて、そこにお城の復元図みたいのがある。そのすぐ先が虎口。
ここも、建造物は一切残っていない。ただただ土塁と土橋と空堀らしきものが入り組んでいる。写真だとなかなかわかりにくいんだが、これは少しわかりやすいかも。

201003げんばおじょう土塁

二重に土塁が築かれている。間は空堀。だいたい、こんな景色が広がっていて、

201003げんばおじょうポール

曲輪ごとに、こんな標識が立っているだけ。ちなみにこれは天守台らしい。
城跡といってもほんとに様々。百名城とか続百名城とか、ひとのつくったものに踊らされるのはどうとか生意気な事を言ってましたが、ここなどは、確実に、こんなことでもなければ行かなかった場所。

良い経験させてもらってます。

140玄蕃尾城

秋山や 百四十番は 玄蕃尾城

あかん。

まままままさかの三日連続!

国宝彦根城は何年ぶりかな。敵の侵入を防ぐ何重もの仕掛けもすごいし、天守閣もすごいけど、石垣もすごいな。
会いたくもないひこにゃんに会ってしまったのがちょっと残念だったが。

古い地図を見ると、お城の北側の庭園のそのまた北側には内湖があったらしい。お堀端から舟で琵琶湖に出ることが出来たみたい。
水運大事。

200930ヒガンバナ


しかし、昨日も思ったが、百名城以外にも、色んなスタンプがあちこちにある。気をつけないといけない。

200930フェイク

別の所には、ひこにゃんのスタンプもあったし。危ねえ危ねえ。

数々の危機を乗り越えて、三つ目ゲット。50番、国宝彦根城。

200930スタンプ

まだ始めて三日目。このペースで行くと、来年の成人の日の前後にはコンプリートしてしまう。

ないです。

四日連続すら、多分ないっす。
買ってね
2012までのストレッチマン音楽集です。未発表曲もあるでよ。
The Backstreet Shinings
スクエアの劇団内バンド「ザ・バックストリートシャイニングス」のデビューCDです。

満月倶楽部
ハープとアコーディオンのデュオ、「満月倶楽部」もよろしく。レパートリーは60曲に達しました。
満月120
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤心

Author:佐藤心
「ストレッチマン」などの音楽を作っている、佐藤心のブログです。
舞台の音楽もやってます。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2405位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
231位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンターです